実は高スキルな看護師かも

専門や認定など、看護師を対象にした様々な資格のが話題になっています。
現在の医療は細分化されたことにより専門性が高まり、医療スタッフが習得すべき知識もより専門的になっているそうです。普段、ニコニコしながら優しい言葉をかけてくれる看護師たちも、懸命に最新医療の知識やスキルを磨いていることがうかがえます。
入院していると、問診や検温、そして採血や点滴といったどの看護師も行っているような仕事しか目にしません。しかし、いざという時にこそ看護師たちが習得している知識や技術は発揮されます。前述したように、看護師の仕事も細分化されているためです。
例えば、オペ看と病棟の看護師を作業内容で比較することはできないでしょう。また、小児科や婦人科を担当する看護師と救急医療を担当する看護師とでは求められるスキルは大きく異なります。ですから、普段私たちが目にする看護師の日常業務だけでその実力を判断することはできないということになります。
しかし、100歩譲ってその通りだとしても、看護師の日常業務が入院患者にとって大きな意味を持つことも否定できないでしょう。残念ながら、採血や点滴の針を刺すのが苦手という看護師が多いのも事実です。病院での辛かった経験や苦しかった思い出を聞くと、注射や採血が本当に辛かった、という意見が出るそうです。これらの仕事は看護師にとって基本中の基本だと思いますが、思っているより難しいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です