多くの科目を経験してスキルアップ

看護師のスキルを高めるには、診療科目を多く経験することが大切です。
現代医学は、診療がより専門化しているため診療科目が増えています。総合病院の待合室には、どのような診察をしている科目なのか理解できないものもあるほどです。更に、治療分野はリハビリテーションなど他の分野と連携している科目も出来ているため、同じ診療科目に長年勤めていても、経験を積むことが出来ずスキル向上が見込めない可能性もあります。
また、医療現場の進化は激しく、医療機器も常に新しいものが導入されています。知識も必要ですが、場合によってはこれらの機器の操作経験なども必要になり、看護の知識とは全く関係ないスキルも必要になる場合もあります。
近年の医療業界ではドクターの専門化が進んでいますが、看護師が習得するスキルの専門化も進んでいます。特殊な医療分野の看護業務には専門資格が用意されており、そのための資格取得も必要になっています。
専門的な知識と経験を身につけるには、小さなクリニックや診療科目が少ない病院、夜勤専従などの働き方では経験が積みにくいです。スキルを高めたいのであれば、専門病院や大きな病院に転職するのがオススメです。どうすれば目的に合った病院に転職できるかわからない方は、リンク先の転職でスキルアップしようのページがオススメです。(看護師のスキルcollection
教育制度が整っている病院では、資格取得のサポートやスキルアップ研修が充実しています。業務をこなしながらの勉強になるためハードにはなりますが、スキルを身につけキャリアアップすることができれば、給料アップも見込めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です